★ ジャガイモと泣く。

下書きのまま更新待ちだったこの日記、たしか遡ること6月下旬。

20110713-080142.jpg

葉が青々と茂っていた春、こんな結末を迎えるとは思ってなかったけれど、

トンボは「気ぃつけろヨ」と忠告してくれていたに違いない。

ジャガイモの収穫が近づく頃に気をつける事は

『葉の枯れ具合、枯れ方(=病気の判断にもなる)をよく観察』。

ジャガイモの収穫の最適日は、

『カラッと晴天が続いたあとの曇りの日』。

ジャガイモのだめだめ基本最低三原則は、

『湿気、日射、水洗い』。

農業仲間から様々な失敗談を聞いていたので、

最低限の注意事項は守りぬく気でいました。

6月中旬、梅雨空と睨めっこつづきのあと、

20110713-080212.jpg

6月下旬に十勝こがねを収穫 ↑↓ 。

20110713-080223.jpg

収穫終了間際、雨が降り、急いで蔵へ運んだ後、

水気が残らないようタオルで拭き、一個一個新聞紙で包みました。

土の乾きを待ちながら、数日あけて

20110713-080232.jpg

キタカムイ収穫 ↑↓ 。

20110713-080237.jpg

再び霧のような通り雨がきたので十勝こがね同様、即避難。

7月に入り、葉が一向に枯れずにいたキタムラサキを

カラッカラ陽気が続いた数日後に、

20110713-080250.jpg

収穫 ↑ ↓ 。

20110713-080258.jpg

最後まで曇天が続いてくれたおかげで乾燥肌のまま収穫終了。

キタムラサキと蔵に入ると、かすかに香るあの臭いに「もしや…」と、

十勝こがねを一個、包装新聞紙をひらくと見事に泡吹いておりました。

ぎょえぇ!!まずい!と、十勝もカムイも全部チェックすれば

泡吹き多数。「冗談キツいよ、その演技。笑えまへん」。

手で持ったら、“フニャぐちゃ”な子も多数。

親切農協員Tくんに「この症状の原因って…」と訊けば

やはり雨に触れたことが腐敗躍進の源だったそうです。

少しの水気や湿気が命取りのジャガイモ、

新聞紙で包む前に、一個一個ドライヤー乾燥させるべきだったとのこと。

そこまでしないといけなかったんかと愕然。

自分のツメの甘さがどれだけアホらしい結果を招いたか噛みしめつつ、

「やっぱりジャガーは超乾燥地帯・北国が性に合ってるんだな」と

それなりに自分を慰めもしつつ、

毎日蔵の中で十勝ちゃんとカムイの破棄選別の日々を送っていました。

(7月初めの更新途絶えた原因はこのジャガイモショック)

どの作物に対しても、いろんな失敗を一つ一つ経験しています。

「あの労力は一体……」の連続ですが、各記憶が強烈なので、

同じ失敗は今のところ繰り返せていないのが唯一の救いです(と自分で言う)。

結局、収穫量の8割ダメになった十勝こがねとキタカムイ。

運良く9割無事だったキタムラサキ。

臭すぎるでんぷん涙とともに過ぎ去ったジャガイモ三種の挑戦と失敗。

20110713-080330.jpg

ちなみに、ジャガイモの病気はこんなにもたくさんあるんだな&

ゴツゴツした外見とは裏腹にか弱くて繊細な子たちなんだなと

参考にできるサイトがこちらの項目40〜51。フムフムできます。

広告

0 Responses to “★ ジャガイモと泣く。”



  1. コメントする

コメントを、どうぞ!

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2011年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 232,024 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters
広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。