2015年5月 のアーカイブ

★ ストチュウでネキリムシ類の成虫を捕獲できるかもしれない仕掛けを試みる。

ストチュウとは酢と焼酎(と他諸々)の防虫液剤です。

木酢液とニンニクを使用した育苗期と成長作物に散布する基本のストチュウ原液は

別日に仕込みます。まずはネキリムシ類の成虫の飛来産卵期が著しい春秋期に

仕掛けると成虫を捕獲できる“かもしれない”という昔ながら(だと聞いた)の

ネキリムシ類成虫用ストチュウトラップを作りました。

IMG_1492

原液の材料は自宅の在庫にあるもので揃いました。

25度以上の焼酎, 食用酢, 黒砂糖の3点。

分量は950mlペットボトル容器で保存したいので,

焼酎800ml 食用酢160ml 黒砂糖180g

これらをよくかき混ぜる。

IMG_1494

しっかり混ざったら, 容器に詰める。

IMG_1495

発酵するので保存時はキャップ蓋を緩めに閉めておきましょう。

次に, このストチュウ原液を入れる仕掛けの容器を作ります。

ペットボトルに雨除けのヒサシ付き玄関をこしらえます。

IMG_1525

ヒサシ加減はめちゃ適当。

横幅広め狭めや低め高めなどの入り心地の良い位置とか安心安全だと伝わりやすい,

彼らが思わず入りたくなるような斬新なデザインなんぞ思いつきませんでした。

だがしかし

鋭利な切り口に羽が当たった際に「痛っ!…これは入ったらアカンやっちゃ」

という展開を回避するための予防として

IMG_1504

切り口をセロハンテープで覆いました。

なんでこんなに気遣わねばならんのだと思いつつ。

IMG_1526

畑に設置しました。

……明らかに仕掛け本数が足りんわなと思いつつ。

効果が明確ならどの農地もストチュウだらけやわなと思いつつ。

IMG_1524

物は試し・とりあえずやってみようをやってみるときは必ず

わし, なにをやっとるんや…と思うのが常な性分。

IMG_1523

怠惰な人間を相手に賢い昆虫は今日も明日もいろいろと大変。

広告

★ イチジク葉裏たまごフェスティバル。

昨日はまさかの粘菌の登場により良き体力を消耗できました。

そのうえなんとも面白そうなイベントを見つけましたのでここで共有を。

イベント名は『ミクロ生物フェスティバル2015京都』

サイト:https://sites.google.com/site/wjproto/

なぬ!このタイミングで粘菌&微生物の専門イベントとはデキスギかな。

昨日の粘菌に手招きされているような気がする…。

さて

野良作業はカラス除けの糸張りをするはずだったんですが,

まもなくイチジク葉の間にて暴飲暴食の宴を披露するであろう

イチジクヒトリモドキの卵を見つけてしまったので週の後半は

イチジクの葉の裏検診に励みました。見つけたらガムテープでペロリんと。

乱暴な当て方&何度も同じ箇所をぺたぺたと繰り返さないかぎり

葉は破れないので卵へのお引き取り願いはガムテープが最良です。

いちばん華やかなイチジクヒトリモドキの卵の写真は撮り忘れていましたが

黒系は撮っていました。

IMG_1460

IMG_1460

みっちりじゃなく僅かな隙間があるのが特徴なのかな。

産み付ける場所の葉の低い高い・外側寄り内側寄りは関係なさそうで,

若い柔らかな葉よりは丈夫な硬めの葉を選んでいることだけは共通点ですね。

IMG_1465

そしてこちらは…

IMG_1466

カメムシの卵かな?と。

カメムシの孵化直後の集団もガムテープペロリんを数回。

幼虫や卵の発見採集もたくさん見逃しているんだろうなと思うととても

やるせないので, 毎ガムテープぺろりん後は自分に栄誉賞を与えています。

そしてたまに見かけるこの

IMG_1488

イチジクヒトリモドキのモドキみたいな小さな小さな卵。

これは誰の卵かな, ガかな。

孵化フィーバー前のささやかなイチジク葉裏たまごフェスティバル,

一期は終了。


完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 230,093 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters
広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。