2015年5月6日 のアーカイブ

★ びわの葉の焼酎漬け。

びわの葉の焼酎漬けを仕込みました。

IMG_0647

深緑色で肉厚のある若くないビワの葉を摘み取りました。

IMG_0652

樹の根元周辺には種から芽生えたビワの赤ちゃんたちがたくさん。

IMG_0653

葉の表面の汚れ, 特に谷間の汚れは念入りに拭き取り,

(写真は汚れを拭き取った後です)

IMG_0655

裏面の汚れも取り除いたら

適度に細かく切って密閉型保存瓶に焼酎で浸して仕込み完了。

水洗いで汚れを落とさず(一応, 念入りに)拭き取りだけにしたのは,

はじめて試す今回の一瓶分は

蚊・虫刺され/毛虫かぶれ/蜂刺され/日焼けによる肌の炎症などの

野良仕事で使いたいので, 洗わずに拭き取りでいいやと思った次第です。

以前からびわの葉の焼酎漬けを仕込もう仕込もうと思い続けて数年。

やっと行動に移しました。

約3ヶ月後から使用可能とのことなので, 蚊勲章てんこ盛りな

地獄の苦しみを軽減できるかもしれない8月初旬が待ち遠しい。

もうすでにあっちこっち蚊勲章だらけなんですけどね。

イチジク最盛期の樹液荒れにも効いてくれたなら良いな。

IMG_0658

びわの葉の効用がいかほどか, 非常に楽しみであります。

広告

★ 四角柱、羽状複葉、蝶形花。

四角柱の茎に小さな羽状複葉, 白色の蝶形花を咲かせたマメ科の空豆。

去年の栽培収穫分から採種したソラマメ2世が収穫期に突入。

IMG_0547

垂れ下がるようにお辞儀をいただけば, いただきどき。

IMG_0625

アブラムシの粋な舞台演出『莢で種子』。

IMG_0548

つまあがりなソラマメたちとつまさがりなソラマメたち。

IMG_0624

先客たちよ, お味のご感想はいかがでしたか。

IMG_0626

ちゃんと垂れ下がったソラマメを選んでいることがスゴい。

IMG_0627

アリとアブラムシがチュッチュしているのを邪魔せぬよう,

蜘蛛の巣を取り壊さぬようにと, 気配りが重要な収穫作業。

IMG_0628

今朝の初採り。小ぶりながらもこんなに実ってくれました。

中の種子もだいたいが1cm〜1.5cmと超小ぶりで可愛かったです。

ありがたや。

ミニミニソラマメ部分の写真はまた今度。


完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 230,093 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters
広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。