2015年5月9日 のアーカイブ

★ オオカマキリの孵化。

こんな狭苦しい環境下で孵化させてしまったことを申し訳なく思って

(残されたチョウセンカマキリの)孵化容器を用意したこと, 孵化したての

うじゃうじゃうじゃぁ〜な画像をあげまっせ警告を記した前日記。

こうなることを避けたかったんですがこうなってしまいました。

オオカマキリの孵化報告です。

Dr.スランプこと則巻千兵衛博士のように普段は豆粒のような

目ん玉が驚きのあまり巨大化して激しく飛び出た今朝。

IMG_0763

IMG_0764

IMG_0765

やばい。共食いがはじまってしまう!!と

急いで畑へ。

IMG_0767

(小作人のせいで)底でぺしゃんこになってそうで怖すぎる。

IMG_0768

縛り口付近に押し寄せていたのにちゃんと警戒して一斉に後ずさり。

なかなか出てこないから逆さにして振り落としました。

IMG_0772

ある程度わちゃわちゃと広がり散ったかのように見えたものの。

IMG_0771

瞬時に散り散りになるかと思いきや…意外にも停滞気味。

慎重かつ懸命に環境と状況をうかがっている様子。

IMG_0773

見よ, オオカマキリちゃんたち!

君たちが生涯ここで狩りまくり食いまくる, 君たちの畑ぞ!!!

バッタとかイモムシとかバッタとかイモムシとかバッタとかイモムシとか

食うに困らんぞ!

な?畑からは出てくれるなよ?出かけたとしても必ず戻ってね。

そんなことを必死に話しかけました。

IMG_0777

IMG_0785

IMG_0784

IMG_0783

おそらく私が居るから警戒してあまり動かんのだろうな。

と眺めていたら視界に入った捕食されるオオカマキリちゃん。

IMG_0797

IMG_0806

IMG_0851

ァァア…っという間でした。

多くはアリの猛攻撃をぴょんぴょこと軽妙な跳躍でかわしていましたが,

アリの巣へ運び込まれるオオカマキリも少なくなかったので

生き残り闘争の生々しさにしばし見惚れました。

IMG_0836

IMG_0817

雑草の山に突き挿しておいた卵鞘に目を向けると,

IMG_0818

なんと!

IMG_0821

孵っている最中のオオカマキリが!!

(10枚目を撮ったときはぶら下がっていなかった)

IMG_0833

数分後には手の鎌も脚もジタバタさせていました。

IMG_0825

ずっと上にいる2匹は後生まれたちを見守るためか食うためか。

IMG_0799

じゃれ合っているのか闘っているのか, つづくわちゃわちゃ。

IMG_0828

IMG_0829

IMG_0831

この3匹も可愛かった。

IMG_0786

腹ペコなはずなのに私が居ると警戒して動けないだろうから

ずっと観察したい気持ちを振り切って, わちゃわちゃ広場を去りました。

青々とした雑草に放てば目立って野鳥の餌食になるかもと思って

同化しやすい廃墟山に放ちましたが写真では見づらかったですね。

うかうかした結果, 孵化直後の様子を見逃してしまいましたが

貴重な観察を体験することができました。

なるべく多くのオオカマキリが生き残って,

大食漢な虫たちを狩っていただきたい。それがいちばんの目的。

このオオカマキリの卵鞘の提供者である真山養蜂場の

真山さんにも感謝でございます。

こうしている今も明日も明後日も,

アリたちと生死をかけて闘っているのかと思うと切なさ募る。

IMG_0793

がんばれ, オオカマキリたち。

興奮と感動をありがとね。

広告

★ カマキリの孵化容器。

去る4月下旬のある日, 枯れ蔦を取り除いたら軒下に

IMG_0160

チョウセンカマキリの卵鞘の姿がありました。

IMG_0159

指でそっと撫で触ると感触は柔らかめだったので

IMG_0490

カッターナイフで採取。むちゃ緊張しました。

初試みでしたが思っていたよりも簡単に剥がれました。

IMG_0496

孵化の出口穴は見当たりませんでした。

虫に侵食されていなければ孵ってくれるかも。

IMG_0852

まさかのこの時期にまさかな場所から

カマキリの卵鞘を手に入れることができるとは…と,

嬉しさ噛み締めてからオオカマキリの卵鞘と袋に入れたまま

約2週間後を経た今朝, オオカマキリが孵化したんです。

オオカマキリが孵化したんです!

オオカマキリの孵化日記はこのあと更新するんですが,

孵化前に容器を準備せにゃな〜と思いつつで来てしまったので

このチョウセンカマキリは容器で迎えてあげねば!と,

気持ちの勢いがあるうちにチョウセンカマキリの孵化容器を作成。

IMG_0845

作成といっても……な代物ですがね。

ナッツ類が入っていた空容器と, 菓子包装(不織布)と輪ゴムと,

卵鞘をくくりつける紐と細い枝。これが素人なりの精一杯。

IMG_0849

わら半紙は容器のツルツル面よりは滑らず登りやすいかなということと

背景効果で写真を撮りやすいかなという理由で一緒に入れました。

IMG_0847

時系列が前後しますが, このあと更新のオオカマキリの卵鞘の

孵化のあとに無茶苦茶焦ってこの容器を用意しました。

これで今朝のオオカマキリのような狭苦しい思いは軽減されるかなと。

カマキリの赤ちゃんうじゃうじゃ画像が苦手な方は

すごくうじゃうじゃうじゃぁ〜ですから次の日記は飛ばしてくださいね。

警告しましたぞぃ☆


完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 230,093 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters
広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。