2015年8月11日 のアーカイブ

★ 落花P。

IMG_2836

落花生の花。

IMG_2830

IMG_2833

IMG_2834

花の咲き誇りを経て,しぼみはじめる花が目立ち始めた先々週から先週。

そろそろ土寄せしなくちゃいかんから雨が来てほしいなぁ

と思っていたところの木曜の大雨! ありがたさ増し増し。

IMG_3006

雨上がりの金曜明け方は太陽サンサンが来る前に必死こいて土寄せ作業。

ほどよく湿った土壌の扱い易さといったら金メダル級。

IMG_3009

黄色い粒がしぼんだ落花生のお花です。根がのびのびで一安心。

夕方〜夜間の雨は翌朝の水やり時間を省けるので本当にありがたいです。

IMG_3011

あれ?キミ, どないしたん?な姿の落花生もちゃんといらっしゃいます。

IMG_3013

左右対称食いを徹底する子に会いたかったですね。

見事な食べ癖。笑わせてくれる虫が居ることが救いです。

イチジクの手入れ, 水やり, 雑草処理, 夏野菜の手入れ・収穫・片付け,

秋冬作付けの準備, と, やはりイチジクがはじまるこの時期はあっぷぷあっぷぷ。

みなさんもどうかご無事に。

広告

★ ムシヒキアブ。

午前は10時を過ぎたあたりからボゥっとするプチ一服が増えるんですが,

ボゥっとなった目線の先で捕獲の瞬間を目にすることも多くてですね。

IMG_3016

こちらはムシヒキアブ科のシオヤアブ。

白いフサモサを着飾るのが雄なんですね。近づいたら,

IMG_3017

粗相を披露くださった。

IMG_3019

ねぇねぇ 何獲ったのさ ちょいと見せておくんなせぇ。

IMG_3020

獲物は蜂っぽかった。

ちゃんと見せてくれるわけもなく。

畑では日々, 誰かが誰かを喰うたり喰われたり, 逃げたり追いかけたり。

喰らうまでの扱い方も喰らい方もさまざまで人間世界同様, 虫の世界も面白い。

虫世界の虫喰いといえば人間世界の虫食い祭りもございますね。

わたしが参加したのは2011年なので今年で5回目なんですね。

『関西虫食いフェスティバル2015』

8月16日(日)

13:30〜21:00

場所:伊丹市スワンホール(兵庫県伊丹市昆陽池2-1)

参加費2500円/小学生以下1000円

主催:昆虫エネルギー研究所&みぢかな自然と遊ぶ会

参加には申し込みが必要です, 申し込み方法やイベントの詳細は

関西虫食いフェスティバル2015Facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/519426504876626/ を参照ください。

カマキリは食べずに畑に放しにきてほしいところ。

IMG_2108

こちらはムシヒキアブ科のアオメアブ。

青緑に光り輝く美しいお目目の写真は撮れずです。

IMG_2109

アブ族は手の先っちょが面白い。昆虫もデザイン性が非常にお高い。


完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 230,818 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters
広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。