2015年11月8日 のアーカイブ

★ モテ過ぎて笑えない。

現在のミズナ場所はというと。

IMG_4275

オンブバッタ「こんちは〜!」

オンブバッタの背後に写るのがミズナです。

IMG_4277

食べ過ぎでShow。遠慮なさ過ぎでShow。

IMG_4276

オンブバッタ「ちがうちがう!僕らだけちゃうから!」

なに吹き出してるの。腹の中真っ黒黒じゃないですか。

何ですかその綺麗な緑色の水玉は。ミズナボールですか。

実のところ流星群のごとく輝き満ちていたのは

IMG_4278

このコガタルリハムシ。親子数世代がごまんと。

コガタルリハムシ「ちがうちがう, 僕らは小食。大食漢はほらそこに」

IMG_4279

いやこれは寄り添うだけのキノコちゃんですよ。

コガタルリハムシ「ちがうちがう, ほらそこに」

IMG_4280

おやまぁ。そのくねり。逆立ちしながらキノコのフリかな。

ややキノコ色したこのイモムシちゃんは,

IMG_4282

シロシタヨトウという蛾の幼虫でした。

横線部の色使いは好きですけどね。成虫はとても地味なのね。

シロシタヨトウ「Zzzz… Zzzz… Zzzz。寝たフリ〜♪」

IMG_4283

ひと畝分の全株がこんな姿です。

トンネルをかけていましたが, 見事なモテっぷりです。

前回の赤ミズナが同様のモテっぷりだったので今回は白ミズナだけに

栽培を絞りましたが, 同じ運命を辿らせることになってしまいました。

これ以上モテようがないほどのモテっぷりにこちらは白目に半目。

モテ過ぎてモテ過ぎて笑えないミズナ。

コガタルリハムシを狩り食すのは蜘蛛が頼りになる存在のはずですが

クモの生息数を圧倒してコガタルリハムシが大勝利を収めている印象。

ぅ〜む。クモたちにももっと繁栄してもらいたい。

あのねのね…, カマキリよカマキリさんよ。

カマキリたちとも話したいことがたくさん。

★ 看護りの影武者。

IMG_4269

ショウガの葉。

IMG_4268

黄づきはじめてから枯れるまでが長いショウガの葉。

今季は枯れはじめを待たずに収穫しました。

このあと来る雨で本格的な寒気にさらされる前に取り込まないと

種ショウガとしての保存がむずかしくなるっぽい論という

過去ショウガの学びを活かさないとね。

IMG_4270

種生姜からニョキっとのびて一列に実るショウガたち。

IMG_4272

肌を傷つけぬよう葉を落とし土を落とし,

IMG_4271

天日干し。

豊作株と不作株の出来差がとても激しいショウガの愛おしさときたら。

食欲そそる華やかな香りといったらもう。

IMG_4274

看護り影武者ミミズさんたちの功労ショウガ。

このあとミミズ功労ショウガはわたしたち人間の身体へ,

体内の看護り影武者ショウガとして励んでくれるはず。


完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 233,433 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。