Archive for the 'スイスチャード' Category

★ チャード.com。

IMG_0577

スイスチャードの断面。

IMG_0580

IMG_0572

スイスチャードの地上根。

IMG_0564

スイスチャードどっと混む。

とう立ちスイスチャードの混雑も激しさ増し増しだったので

潔くバッサリと刈り剥ぎました。

IMG_0560

「ちょっ!」

IMG_0561

「ちょとっ!待っ」

IMG_0567

「ちょっと残しといてくんない?」

IMG_0583

だいじょぶ大丈夫, 食べる分はちょこっと残してあるから。

カエル用の日陰は見当たらなくなってしまったけれどね。

IMG_0586

肉厚たくましいスイスチャードの葉は

IMG_0587

育苗中のオクラの定植予定の畝に敷き詰めました。

IMG_0588

雑草勢力への抑止圧力という名の虫の隠れ家。

バッタの赤ちゃんにはぜひともこちらを食べていただきたいが

そうはいきまへんわな。食べたい鮮度は私らと同じですもんね。

IMG_0585-0

「土寄せしてよ!」と言っていそう。

このスイスチャードたち, 晩春頃と晩秋頃にとう立ちがきては

今回のような改装を繰り返すこと肥えつづけて4年目。

2012年に蒔いた種なんですよね。以来ずっと食べ続けています。

暑さにも寒さにも強いし(バッタには弱いけど),

葉菜各種の代わりとしてあらゆる料理に対応できるしで,

まさにスイスチャードは葉菜保険。

いつまで適応いただけるのか試している感じです。

広告

★ 雪の席。

8日土曜の朝からの積雪中継。

20140208-233723.jpg

大根はもっぱら

20140208-233747.jpg

雪の結晶合戦。

20140208-233813.jpg

白菜。こんな薔薇キャンドルあるある。

20140208-233835.jpg

大蒜の雪踊り。

20140208-233906.jpg

法蓮草。小さいのにたくましい腕力。

20140208-233925.jpg

赤蕪。赤が一層映える。

20140208-233941.jpg

苺。埋もれた蕾の心境はいかに。

20140208-233959.jpg

ひとつまえの釣り場化日誌でお伝えしたネット跡くっきりなレタス。

20140208-234012.jpg

小松菜, 水菜, チャードの菜っ葉広場の中央にぽつんと咲く

20140208-234035.jpg

水菜の花。

天を仰がずに雪景色を見つめているよう。

右奥の橙色はカラスに弄ばれたミカンです。

美しくも恐ろしい生き物である雪との共演も華やかなり。

みなさんも平穏無事にそれぞれの雪景色を

嗜なめることができた雪の日でありますように。


完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2019年8月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 231,551 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters
広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。