Posts Tagged 'チョウセンカマキリ'

★ チョウセンカマキリの孵化のあと。

IMG_1351

月曜25日の朝に気付いたチョウセンカマキリの孵化完了の図。

IMG_1345

IMG_1346

IMG_1347

IMG_1348

IMG_1349

こちらは2014年9月26日産まれの卵嚢でした。

日曜の午後から翌月曜の朝5時までのあいだに無事孵りました。

孵化の瞬間は見逃したものの, カマキリタマゴカツオブシムシに

食べられることなく孵ることができたことに安堵でございます。

卵嚢はオオカマキリ2つチョウセンカマキリ2つの計4つ,

オオカマキリとチョウセンカマキリがひとつずつ孵ったので残り2つ。

無駄な行為とわかりつつ探すも見当たらない孵化後の彼ら。

ほくろカエルなら見てたかも…ちょっと食べたかもしれまへんな。

IMG_1353

でもねこのほくろカエル, 今朝は姿がなかったんですよ(写真は月曜の朝)。

ほくろカエルはいなくなるし, 孵化後のカマキリの姿は見ないしで

なんだかなぁとショボーンとしていたら出来過ぎの展開となりました。

トウモロコシの鳩&ムクドリよけトンネルの撤去をしたならば!

IMG_1379

あ?!

IMG_1380

っ!!

IMG_1381

あ♪

ちょと待てぃ。

IMG_1370

君!オオカマキリかな?チョウセンカマキリかな?どっちかな?

どっちゃでもええわ, 会えて嬉しい生き残ってくれててめちゃ嬉しいぞ,

わし…わし…, おまえに会いたかったんやぞ…。

その攻撃的・挑戦的・挑発的でかまととな態度よ…まさに生き残り組の強さの証。

孵ったカマキリ農兵たちは全滅かと思っていたが故, 今朝は感動ひとしおでした。

大人になったら餌となるはずの相手に狙われ喰われ続ける日々ですもんね。

IMG_1377

畑は数ミリ〜数センチの虫だらけですしバッタの ↑ 赤ちゃんも続々登場中なので,

しっかり狩ってもりもり食べて立派なカマキリ農兵になっていただきたい。

以上,

チョウセンカマキリの孵化報告と生存カマキリ1匹確認報告でした。

★ カマキリの孵化容器。

去る4月下旬のある日, 枯れ蔦を取り除いたら軒下に

IMG_0160

チョウセンカマキリの卵鞘の姿がありました。

IMG_0159

指でそっと撫で触ると感触は柔らかめだったので

IMG_0490

カッターナイフで採取。むちゃ緊張しました。

初試みでしたが思っていたよりも簡単に剥がれました。

IMG_0496

孵化の出口穴は見当たりませんでした。

虫に侵食されていなければ孵ってくれるかも。

IMG_0852

まさかのこの時期にまさかな場所から

カマキリの卵鞘を手に入れることができるとは…と,

嬉しさ噛み締めてからオオカマキリの卵鞘と袋に入れたまま

約2週間後を経た今朝, オオカマキリが孵化したんです。

オオカマキリが孵化したんです!

オオカマキリの孵化日記はこのあと更新するんですが,

孵化前に容器を準備せにゃな〜と思いつつで来てしまったので

このチョウセンカマキリは容器で迎えてあげねば!と,

気持ちの勢いがあるうちにチョウセンカマキリの孵化容器を作成。

IMG_0845

作成といっても……な代物ですがね。

ナッツ類が入っていた空容器と, 菓子包装(不織布)と輪ゴムと,

卵鞘をくくりつける紐と細い枝。これが素人なりの精一杯。

IMG_0849

わら半紙は容器のツルツル面よりは滑らず登りやすいかなということと

背景効果で写真を撮りやすいかなという理由で一緒に入れました。

IMG_0847

時系列が前後しますが, このあと更新のオオカマキリの卵鞘の

孵化のあとに無茶苦茶焦ってこの容器を用意しました。

これで今朝のオオカマキリのような狭苦しい思いは軽減されるかなと。

カマキリの赤ちゃんうじゃうじゃ画像が苦手な方は

すごくうじゃうじゃうじゃぁ〜ですから次の日記は飛ばしてくださいね。

警告しましたぞぃ☆


完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 237,137 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。