Posts Tagged '亀'

★ 藻中見舞い申し上げます。

先週末, 更新手段の要である携帯電話が壊れてしまい,

ちょっとご無沙汰していました。

「お前は強い子のはず, よみがえれ!」と言い続けたおかげか

 息を吹き返した携帯電話です。

さてさて, 先週の木曜19日の朝,

畑横の用水路の底深くに目がとまったが最後。

ミシシッピアカミミガメ Trachemys scripta elegans

過去の出来事で鍛えられたカメ知識。

ミシシッピアカミミガメ Trachemys scripta elegans

残念過ぎる。 ミシシッピアカミミガメではないですか。

この日の用水路は水かさもあり, 藻を味方につけられたおかげで

ミシシッピアカミミガメ Trachemys scripta elegans

捕獲まで難儀しました。

費やした時間と労力と手間で怒りにも拍車がかかります。

ミシシッピアカミミガメ Trachemys scripta elegans

生きものは最期まで飼うべきです。

逃げ出せないような飼育の努力をしてください。

できないならペットを買わないこと。

棄てるなら生きものを買わないこと。

殺処分を他人の手にゆだねるなら,

道徳と責任も棄てるなら自分の手で殺してあげてください。

自分の手を汚すのが嫌なら買わないでください。

ニホンイシガメが完全にいなくなってから騒ぐんですか。

カメに限らず生きものをペットとして買い飼うならば,

幼体だけでなく成体の容姿も確認すべきです。

みんなと同じように日本に生まれ育っただけなのに,

厄介者扱いされて殺されるんですよ。

自分の身に同じことが起きればどう思いますか。

人間を恨むでしょう。

何が何だかわからないからこそ恨むでしょう。

ミシシッピアカミミガメ Trachemys scripta elegans「もう, いい加減, 殺すのやめてくれまへんか」

周りに ‘ 安易な考え ’ で生き物を買おうとしている人がいたら

全力で止めてください。

最期まで飼えるはずがありません。

ペット及生きもの教育も徹底すべきです。

周囲の人間が注意を払うしかありません。

広告

★ スローなブギにさせてくれたのは。

刈りジョリ最中, コロリンコ。

カメ 亀 クサガメ turtle

ドキッとする瞬間。

あわやカチ割るところでした。

もしや…兄弟・姉妹 他もっといたけどすでに踏んづけてたりして…

ゾっとする余韻。

カメ 亀 クサガメ turtle

でも容赦なくもちあげてみれば。

甲羅の長さは3センチあるかないかほど。

ちっこい!

カメ 亀 クサガメ turtle

目と目で通じ合えたかは別として。

可愛いでんな…。

小学年の頃に残念な姿(幼亀のミイラ化)を目の当たりにした

“カメのトラウマ”があるので, 爬虫類ともども大嫌いだったんですが,

畑であんなことこんなこともあったおかげで,

みなさんも御察しのとおり, 抵抗力も弱まり免疫力がついてきました。

カメ 亀 クサガメ turtle

なのでこの赤ちゃん亀は『ゼニガメ(クサガメの幼体名)』だなと

見当もつきました。その場で携帯で確認検索はしましたがね。笑

と書いてみれば, …ゼニガメちゃうかったら(恥)…と不安になりますが…。

イチゴ 苺 畝

ゼニガメ発見場所はイチゴ畝。

草引きに時間をかけまいとすごい勢いで(自分なりに)手際よく進行

していたのが, ものすごく慎重かつ丁寧な手さばきに移行して

しまったのも無理はない。とゼニガメにすればなんのこっちゃな

 ゴールデンウィーク前半の一コマでした。

前に見かけたカメが生んだ赤ちゃんかなぁ(ならなお感動的です)…

どこで孵化したんやろか…と想像すると, かなりわくわくします。

カメに夢中過ぎたのかイチゴの写真撮らずでした。

みんさんも緑の多い場所へ足を踏み入れるときはカメにもお気をつけて。


完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2019年9月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 232,024 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters
広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。