Posts Tagged '大阪府立大学'

★ 植物工場研究センター見学会。

2月中旬, 兵庫県中小企業団体中央会の催しである

『植物工場研究センター見学会』に参加してきました。

約一ヶ月半後の更新になってしまったのは, さいごの写真が理由です。

IMG_8962

大阪府立大学内の植物工場研究センターの入り口。

先に旧式の設備を見学。

IMG_8963

巨大な冷蔵庫のような, 一家に一台的なデザイン。

IMG_8964

旧式設備でも生育中でした。

ほとんど見えていませんが上段がレタス, 中段はバジル,

下段がイタリアンパセリ。左列奥にはルッコラがおりました。

IMG_8983

協賛社SUBWAY。使用レタスのどれほどの割合かはわかりませんが,

大阪府立大構内にあるSUBWAYのレタスはこちらの工場出身とのこと。

教職員と学生を含む今を生きる人々の感想がちょっと気になるところです。

IMG_8965

車椅子でも働くことができる設備も完備という雇用貢献のお話でしたが

私としては, あれ?すべての工程が機械というわけじゃないのね…という印象。

IMG_8966

↑ 種の設置場。↓

こちらも福祉型リハビリ作業環境として。

IMG_8968

ちんまい生物にちょっかい出されることもはじかれることも雨水と

土壌に揉まれることもさらわれることもない, 人生安泰ですね。

…孤独ぼっちに見えるんですがね。

そしていよいよ新設備の見学へ。

IMG_8970

ITOH DENKI 伊東電機株式会社。

これこれ。メディアでよく見る植物工場の絵ですね。

IMG_8971

暑くも寒くも痒くもこそばゆくもなさそうな世界, ピンクサロン。

IMG_8972

選別&整理などの作業中の風景。

IMG_8973

なんだろう…人が動いていると一気に近未来感がなくなるこの感じは

若き頃に◯◯や△△製造工場でアルバイトをした時の光景と被るからかな。

ロボットが選別作業も持ち運びもなんでもござれじゃなかった…。

管制室からボタンだけでスタコラサッサじゃないのか…。

SF映画のような世界を期待し過ぎとりました。

IMG_8974

食材の葉菜たちが工業製品のようにみえてしまえるのが面白い。

ここでは工業製品に見えても飲食店では葉物食材に見えるところが, ね。

食のあり方も問われつづけますなぁ。

IMG_8975

未来的ワクワク感より退廃的哀愁を感じてしまう消灯空間 ↑ 。

“植物工場”で検索すると技術発展の目まぐるしさはSF映画並みで

SF映画も過去のものになりつつあるしで何年先かわかりませんが,

栄養スティック一本, 栄養ドリンク一杯, 栄養錠剤が食事の人,

3Dフードプリンターで抽出して食事する人,

予想だにできない新しい食のとり方が続々出てきたとして

何十年何百年先かわかりませんが,

国籍のうえに食籍, 国境のうえに食境も存在する世界になるかも…。

と想像するだけなら愉快なんですがね。

施設見学後に植物工場参入を検討する事業者からの質問にセンターの方は

正直に丁寧に応えてらしたのがとても好印象でした。

工場のパンフレットから一部抜粋すると,

-植物工場の利点-

安定供給, 高い安全性, 高速生産, 土地の高度利用, 良好な作業環境

-植物工場の課題-

衛生・栽培管理などの生産費用がかさむ, 葉菜中心といった栽培品目限定

ほか諸々は下記ホームページより覗いてみてください。

まぁ, 洗わずに食べられる便利さは魅力でしょうね。

ミミズや虫や菌の尊さを気づいてしまった側からすると

災害時や異常気象による超不作時の食糧供給が植物工場の魅力かと。

一般の見学会もあるので興味のある方は下記リンク先見てください。

IMG_8976

菌だらけの人間が低細菌のレタスを手に取る愉快さよ。

お土産としていただきました(2月中旬ね),

大阪府立大植物工場で生産された結球しないレタスのバタビアレタス。

写真 ↑ は夕刻時, 帰りのバスの中で撮りました。

そして開封せず冷蔵保存すること一ヶ月半後(3月下旬ね)がこちら!

IMG_9663

わぉ。

どうだい“世界”は広いだろう?生まれて初めてお空を見上げた感想はどやさ。

とか嫌味はさておきで, ほんまにすごいでんな〜。

IMG_9662

なんということでしょう。

ところどころほんの少し水分が抜けているだけ。

べっちゅぁ〜ってなってまへんのね。

袋が破れないように中心部を覗いても上写真中央のようだった…。

すごいね。

そりゃ外食産業が笑顔になりますわな。

この写真を撮ったあと再び冷蔵庫に未開封のまま戻しました。

ちなみに, 開封後の冷蔵保管だと開封直後の状態が約10日は保たれるとのこと。

そのうち, 開封して常温保存でも半年以上は腐敗しない葉菜が出回りそうですね。

人間が求める『安心安全』ってなんでしょうね。

はじめての植物工場見学はたいへん興味深かったです。

次は最新型3Dフードプリンターの見学会に参加したい所存。

– 公式サイトリンク一覧 –

大阪府立大学 植物工場研究センター

http://www.plant-factory.21c.osakafu-u.ac.jp

– 兵庫県中小企業団体中央会 –

http://www.chuokai.com

– 伊東電機株式会社 –

http://www.itohdenki.co.jp

– SUBWAY –

http://www.subway.co.jp/index.html

広告

完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2019年10月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 232,488 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters
広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。