Posts Tagged '移植'

★ しゃかりきピーナッツ。

IMG_1282

バーク堆肥山のキノコ「あれ?雨降るって言ってなかったっけ?」

IMG_1283

バーク堆肥を積み上げた場所はラッカセイの旧畝だったので,

収穫時に採りこぼしていたラッカセイもキノコに負けじと

IMG_1284

この通り。

せっかくなので落花生場所へ移植することに。

IMG_1334

積載バーク堆肥分に負けじと伸ばしてやったぜ感がすごい。

地表に追いつけ追い越せ根性に恐れ入る。

IMG_1335

IMG_1336

IMG_1337

あまりにも長すぎたこの落花生, ちょっと傷つけてしまった…。

生き残れるか微妙なのでいちばん端に植え付けました。

IMG_1338

同種同族同期なのに生まれ育った環境の違いで根性のかたちにも

違いがでたラッカセイの成長過程と成熟時がどうなるでしょうね。

IMG_1339

こうして自生組12株が増えて計39株となりました。

広告

★ イチジクの移植。

暦では定植・移植・摘芯・剪定に良き”上弦長瀬”の今日。

予報も雨ということでイチジクの移植を実行しました。

IMG_9637

苗床で育ったままだったこちらの2株。

IMG_9639

イチジクの根の伸び方は「とても浅くとても広く」なので深堀は不要。

小雨が降りはじめたのでちょっと焦りつつ。

IMG_9640

IMG_9641

写真撮ってる場合じゃねぇぞとぼやきながら。

IMG_9642

やや太めの根はシャベルで簡単に切れます。

なるべく土を落とさず運びたいところですが根の形状のおかげで

どないしても崩れていってしまいますわな。まぁ,しゃあない。

IMG_9644

工程でいちばん時間がかかったのはコガネムシ族の幼虫回収。

出るわ出るわ出るわ出るわで…。彼らが金貨じゃないことだけが

唯一にして最大の皮肉ですわな。

イチジクにはなんら害はないんですけどね。

そんなわけで

IMG_9645

こう植えまして

IMG_9646

こう剪定して完了。

あともうひとイチジクも移植&剪定を完了。

IMG_9647

水やりを担う雨に感謝。ありがたい限りです。

恵みの雨に合わせられると気分が高まります。

IMG_9638

コガネムシ族の数なんぞ屁でもないほどの生息数を見せつけてくれた

ミミズがフル稼働で定着補助作業に精を出してくれているはず。

定植・移植・摘芯・剪定に良き日は4月3日の金曜までつづくので

みなさんも作業を恵の雨と息を合わせられるときは

風邪に気をつけながらミミズとがんばりましょう〜。


完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2019年10月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 232,488 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters
広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。