Posts Tagged '蜂蜜'

★ 第13回 大阪府はちみつ品評会。

IMG_4508

イチジクの根元でセグロアシナガバチが落ち葉にしがみついていました。

3連休明けの先日は大阪府養ほう農業協同組合の

第13回大阪府はちみつ品評会に行ってきました。

真山養蜂場の真山さんから「大阪の美味しい蜂蜜を味見できますよ」と

招待いただきましたが到着が遅れてしまい試食時間もお開き寸前だったため,

IMG_4640

こちらの上位入賞の蜂蜜のみ試食させていただくことができました。

贅沢なことに, 養蜂家の方から直接お話を聞ける機会でもあります。

審査は「糖度・色・風味」の3項目。

百花, ハゼ, レンゲ, アカシア, クリ, 百合, エゴノキ, ミカン, クロバイなど

種類もさまざまでしたが, 百花蜜の尊さも同等に愛されて欲しいなと思います。

ミツバチも私たちと同様にいろんな花食生活のもとで生きているので

百花蜜は蜜源(生物多様性)の素晴らしさの象徴という意味での価値が高いはずですが

‘ごちゃ混ぜ花の蜜=価値が低い’と見られがちなのが至極もったいないです。

ほんとうの意味での価値を知る楽しさよ広がっておくれという願望もひとしお。

IMG_4641

そしてこちらが大阪養ほう農協組合長賞に入選の真山養蜂場

真山さんのアカシアの蜂蜜です。

IMG_4643

こちら受賞式での真山養蜂場の真山さん。

なぜかこちらがドキドキンの瞬間。

IMG_4644

優良賞受賞, おめでとうございます!

真山さんは過去にも受賞歴がございますが訊かないとおっしゃらない

お方なのでこうして真山養蜂場はちみつファンの方々にお伝えしたく候。

今年の春から夏にかけての天候で養蜂産業も影響が大きかったとのことですが,

ミツバチたちが命をかけて集めた蜂蜜を微塵も歪めたり濁らせることもなく

私たちに提供くださる真山さんにあらためて感謝でございます。

IMG_4642

そしてお披露目品評会と授賞式のあいだにて蜂講演,

佐々木正巳教授(玉川大学)による

「ミツバチの多面的な貢献とミツバチ産品」が非常に面白かったです。

小難しい解説はひとつまみもなく, 親近感のあるたとえ話に茶目っ気ある皮肉も

上品にはさんで説明くださるので声を出して笑ってしまうお話ばかりでした。

いかに勤勉で知的か, 知れば知るほど笑えてくるミツバチという尊い存在。

ソバの花はミツバチよりもハエにモテたがっているという切ない恋愛コメディとか,

日本で日本の梨を食べられるのは中国のおかげだということなどなど,

笑えないんだけど思わず笑ってしまう衝撃的なミツバチ事情も盛り沢山でした。

佐々木正巳教授のミツバチ研究のお話はかなり面白い!ということも

今回の大きな収穫でした。お誘いくださった真山さん, ありがとうございました。

IMG_4510

セグロっち

「真山さんの天然蜂蜜はポル☆シェで食ッピングできるんやで」

真山養蜂場, 真山さんに会えるポルポさんのマルシェ『ポル☆シェ』で

手にしていただけますので詳しくはポル☆シェのページをご覧ください。

https://terutteru.wordpress.com/polpo-market-list/

真山さんの養蜂場を訪れた日記もどうぞ。

『真山養蜂場(2014年11月27日付)』

https://terutteru.wordpress.com/2014/11/27/mayama-apiary/

『真山養蜂場その2(2015年2月14日付)』

https://terutteru.wordpress.com/2015/02/14/saint-valentines-day/

真山養蜂場Facebook https://www.facebook.com/mayama.beefarm

広告

★ 養蜂どうでしょう。

養蜂どう難でしょう。

写真は『ミツバチ巣箱二段重ね仮設置 畑の片隅』の図。

蜂 ハチ 巣箱 畑(東から昇るお日様を合図に南へ仕事に出発できる方角に出入り口を向けます)

ハチミツが 大 大 大好きな人なら一度は夢見る, 養蜂。

わたしも塗って食べるでは間に合わないので瓶ごと飲むほど大好きです。

かねがね, 養蜂=ハチミツ食べ放題♡への憧れをボヤいていました。

ボヤきが ‘ 縁 ’ に響く奇遇とはこのことでして,

特に去年の秋頃から養蜂縁の風が吹き,

貴重な日本ミツバチの採れたてのハチミツをいただいたり,

養蜂をされている/関わる方々との出会いもあったなか,

その中のお一人が「畑に巣箱置いてみますか?」というご提案をくださり,

二つ返事の末が先週末のこの巣箱仮設置どんなもんやろ?でございました。

蜂は西洋ミツバチ, もちろん農薬類は不使用, 予定設置数は5箱で,

蜜量が豊富なら増箱という計画でした。

養蜂の初期投資は安価ではないので, 経済面でも大助かりでして。笑

映画『ミツバチからのメッセージ』でミツバチ界の水面下の現状を知り,

日本ミツバチと西洋ミツバチの違いや生態の面白さも知り,

大自然とうたわれている里山&田舎の自然環境が

人の手によってトンデモナイ状態にさらされていること,

普段食べている市販のハチミツについてなどなど

素人ながらに思うことがたくさんあったので,

なんとも嬉しい気持ちで巣箱を眺めることが瞬間的にできたのですが,

………, 畑での養蜂はひとまず保留になりました。

理由は一つ,

蜂(に刺される)より人さまとのいざこざがこわい。

来園してくださった方は畑の周囲の環境&道路事情はご存知かと。

人通りが少ないとはいえ, もしも(直接でも間接でも)

何か起こったり言われたときに対処しきれないのが現状です。

子供たちが用水路沿いで遊ぶ姿もあるので,

養蜂されている方の管理飼育と指導のもととはいえ,

巣箱と通り道の間にネットと距離があるとはいえ,

そばを通りがかる人からしてみれば…… となると

勢いで始めてはあきまへんなこりゃ。となりました。

10人が全員「はい/いいえ」が10種類の「はい/いいえ」であるように

蜂&養蜂への知識・恐怖心も十人十色ですもんね。

“ 蜂=刺される・針・攻撃・刺すまで追いかけてくる・毒・危険 ” が

まずあって,習性はさておきが世の常 … ものすごい葛藤はありますが。笑。

こんなわけで

『採れたてハチミツ食す養蜂企画』は宙ぶらりん化報告でした。


完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2019年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 230,801 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters
広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。