Posts Tagged 'apiary'

★ ハッピーバレンタインビー。

真山養蜂場の大阪場所その2へ行ってきました。和泉市内です。

真山さんと奥さまの野菜畑に囲まれた蜂のハニービーヒルズ。

IMG_9005

ミツバチたちの穏やかな冬眠姿を拝見できるかな♪と目論んでいたんですが,

子供たちのための蜜狩りも休みなんてないし, みんなとの協力愛

「おしくらまんじゅう」で住居と体温の保温を維持して寒さを凌がなきゃ

ならんらしく, 親蜂たちも子のために冬には冬の仕事がてんこ盛りとのこと。

IMG_9006

ミツバチの冬の暮らしにお邪魔させていただきました。

IMG_9007

はじめは動きが鈍いんですが, 寒いじゃねぇか!と荒ぶり始めてからの

威嚇っぷりがこれまたすごい賑やかで騒がしかったです。こわいこわい。笑

活動期は巣箱全体で暮らすのに比べて, 冬季に出入り口寄りに固まっているのは

新鮮な空気が入ってくる場所を選んでいるからだそうです。

IMG_9008

この近距離写真3枚は真山さんが屋根をめくってまもなくの状態。

IMG_9009

怒涛の威嚇が鳴り響き出したら身動きできず。

迫力の恐怖音。威嚇は大成功でっせ。

無駄な体力を使わないようにお尻と針だけ上につきあげる威嚇姿とか,

相変わらずむちゃんこ可愛いんですがね。

威嚇しても寒いままだから「屋根を戻しやがれこんにゃろ」と

わちゃくちゃに体当たりしてくるあいだは身体固めて顔へらへら。

音が恐ろしいのにむちゃんこ可愛い。

今回もミツバチや養蜂業界の面白いお話をたくさん教えていただきました。

どんな話かですって?

いつか真山さんにお会いした時に訊いてみてください。

決して威嚇ブンブンミュージックに感動し心奪われて

ところどころモヤのかかった虫食い説明文みたいなもんはむずかしくて

書けまへん!という理由ではないです。

そんなわけでして,

冬のミツバチがお目当てひとつめ。

ふたつめの目的がこれ。

IMG_9010

竹くずの回収。

いらないんですって。邪魔なんですって。

じゃぁ, いただきにいきます。という流れです。

側面のベニヤ板は真山さんが貸してくれました。

天然資材を調達でき, ぷんぷん天使なミツバチに胸キュンな

ハッピーバレンタインでございました♪

(真山養蜂場 大阪場所 池田市の訪園編はこちら

広告

★ 真山養蜂場。

IMG_7677

9月某日, 真山さんの養蜂場を訪ねました。

大阪府池田市内の423号線から, 軽トラ一台分幅の細道をほんの

少しくねりながら進むと, イノシシ出現感知度抜群の見渡しの良い

平原の一角に真山さんの姿と蜜会場がありまして。

周囲は殺虫毒薬剤を使わない農家たちの畑とほどよく手入れの

入っていそうな雑木林や花草原が残っているので,

なるほどミツバチにとっても暮らし心地の良い住環境という印象。

IMG_7678

近づくほどに盛り上がるブンブン協奏曲に胸が高鳴る。

視線が木箱に釘付けなのを察してくれた

真山さん「さっそくご対面といきますか♡」

IMG_7679

IMG_7680

IMG_7681

頬ずりしたい衝動を抑えながら愛でましょうぞ。

IMG_7683

愛らしさがわしゃわしゃ!

どこから見てもどう見ても, 愛らしさがわっしゃわしゃ!!

IMG_7684

その愛くるしさはいつどこで誰に教えてもらっているの…。

IMG_7685

そして

IMG_7686

住環境のかっこよさ。

IMG_7687

蜜室の美しさは圧巻。

IMG_7740

この牙のような白い三角は, 巣の厚みをもたせるためなんだそう。

ミツバチたちは隙間空間を埋めようとする習性があるので,

こうして白三角をかまして隙間の幅を与えると盛り盛りになるんですね。

IMG_7741

「せっかくやし, 女王蜂ともご対面しますか♡」

と, 女王蜂をさがしはじめる真山さん ↑ 。

極度の恥ずかしがりやな女王さまをさがすこと数分後…

IMG_7688

いらっしゃいました, 緑印を背負う彼女が女王さまです。

IMG_7692

お姿麗しゅう。お蜜にかかれて光栄です。

何時間でも眺めていられるミツバチのわしゃわしゃ映像。

そんでもって

到着してからずっと繰り広げられているもうひとつの

真山さんvsスズメバチの図。

殺虫剤を使わない養蜂の現場作業の実態とは。

こうして現場で会えるのはミツバチたちだけじゃなく,

IMG_7743

ミツバチを生け捕りにくるスズメバチも大乱舞。

目の前でスッと通り抜ける瞬間にミツバチを抱えて

スッと去っていくスズメバチたち。

スズメバチがかっこ良くみえます。笑。

上の写真のように入口付近の粘着仕掛けにかからない

スズメバチを真山さんが滞りなくほうきブラシで叩き払う地道な

作業のリピートアフタービー。追い払えども叩き落とせども。

スズメバチは必死, ミツバチも(たぶん)必死,

なのに真山さんの叩き落とし作業がのどかに見えてしまう。

真山さんの人柄のせいかな。笑。

ミツバチのお話(主にびっくら系)をたくさん教えていただき,

ミツバチの話になると楽しくて仕方ない様子の真山さん。

そんな真山さん,

真山さんはミツバチ以外の昆虫が大の苦手, とな。笑。

真山さんの好きな昆虫はミツバチだけ。

ふむ。

ミツバチ以外の虫の話にまったく乗り気を見せない真山さんの

正直な反応に対しての私の反応はみなさんも想像に容易いかと。

ミツバチを語る際の真山さんのデレ具合に心から納得がいきます。

真山さんのミツバチたちが

オンリーユー的な愛情を一心に注がれているという…

これぞ断固たる相思相愛。

IMG_7742

愛し愛されて採れた真山さんのハチミツ。

真山さんの天然ハチミツの入手先は,

今のところイベント出店販売のみとのこと。

夕市イベント『ポル☆シェ (詳細ページはこちら)』も

レギュラー出店してくれることになりましたし,

大阪・四天王寺で毎月第一日曜日に開催の

『わっか市 http://blog.goo.ne.jp/jinenichi 』

でも入手可能とのことです。

以上が, 真山養蜂場 訪園日記でございました。

純粋ハチミツをぺろんチョできることに感謝の意を込めて。


完熟イチジク『トゥルルンイチジク』の最新情報は下記リンク先にて▼

テルってる畑。2
https://terutteru2.wordpress.com

★イチジクアンケート実施中★

イチジク 無花果

↑ 参加はイチジクをクリック ↑

   暦

2019年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

小作人 : てる子さん。


兵庫県尼崎の最北端で活き生き粋な
テルってる畑。のブログへようこそ!
ご訪問ありがとうございます。
宝飾加工職人を目指す道すがら、
そもそも』などがきっかけとなり、
いろいろな想いも重なりながら野良作業を
始めた次第です。
当人、農力はまだ僅かで勉強中です。
当ブログはみなさんの閲覧&コメントに
励まされながら、畑はみなさんの援農で
続けることができています。
皮肉と笑いが満載の作物と必死にのんびり
暮らす生き物たちの世界を楽しんでもらえ
るよう、畑の風景を綴っていきます。
土臭いお付き合いよろしくお願いします。

ブログ開始日:2010年7月1日。

足どり。

お題目。

観察回数。

  • 230,093 観察眼。

☂ぽちぽちっとが糧となる。☂

応援よろしくお願いします!
ぽちっと。⤵

ぽちっとな。⤵
blogram投票ボタン

☂ご協力ありがとうございます☂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

free counters
広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。